ほごっこ母ちゃんより

『ほごっこ♡CAFE』の坂真由美といいます。

昭和44年3月14日生まれの48歳です。

バツイチ母ちゃんで、息子と二人暮らし(&犬1匹+猫4匹)でしたが、息子が都会へと旅立ったのをきっかけに、自宅を改装して『ほごっこ♡CAFE』を開設することにいたしました。

 

ただただ犬猫が大好きな犬猫バカです。

保護犬・保護猫を里親さんに譲渡することを目的として保護活動を続けてまいりましたが『ほごっこ♡CAFE』ではもう少し踏み込んで、可愛いほごっこ達が、幸せな生涯を送り笑顔で最期を迎える日まで、里親さんを支えながら関わっていきたいと思っています。

モットーは『でしゃばりとお節介』です。

でしゃばられたり、お節介を焼かれたりするのはイヤだという方には譲渡しません。

ほごっこは私にとって我が子同然であり、娘を嫁がせる気持ちで里親さんに託します。我が子を案ずる実家のお母ちゃんの気持ちをご理解いただき、一緒にその子の幸せを考えられる方とお付き合いをさせていただきたいと思っております。

 

時々家に寄らせていただきます。困ったことがあったらご相談ください。成長に応じたフードをお持ちします。消耗品もお届けします。長期間お出かけの時はお預かりいたします。年齢を重ねて介護が必要になった時には、介護グッズの貸出しやデイサービスやショートステイもいたします。お仕事でお時間がない時には病院の送り迎えもいたします。最期の日まで一緒に大切に育てていきましょう。

 

ボランティアさん達の頑張りによって、毎年犬猫の殺処分数は減っております。ただその陰でボランティアさん達は多かれ少なかれ、なんらかの犠牲を払っておられます。

里親さんと深く関わるという形がビジネスモデルとして成り立てば、犬猫の保護活動が無償のボランティアではなく、労力に見合った賃金の発生するお仕事になるのではないか・・・そんなことを思ったりしています。

殺処分がゼロになっても、それを維持するための労力と資金は必要となります。誰も犠牲になることなく、人も犬も猫も幸せに過ごせる日がくることを信じて、いろいろ試してみようと思います。

 

こんなほごっこ母ちゃんですが、よろしくお願いいたします。