「ほごっこ♡CAFE」では、まずは保護犬・保護猫と触れ合っていただいてから、譲渡のお話を進めさせていただいております。保護犬・保護猫と触れ合うのは有料です。こちらをご参考ください。⇒ほごっこルーム利用方法

※触れ合わずして、いきなり譲渡することはありません。

譲渡条件

※里親希望の方は必ずお読みください。

 

『ほごっこ♡CAFE』では、里親になっていただくにあたって、譲渡条件を設けております。一つでも当てはまらない場合は譲渡不可となります。譲渡条件は最低限のお約束なので、譲渡条件がクリア出来ても譲渡ができるとは限りません。ご了承ください。

  1. 一生涯、家族として大切に育てること
  2. 満20歳以上であること
  3. 岡山県在住であること(県外に転出する予定がないこと)
  4. ペット可の住宅であること(注1)
  5. 同居する家族全員の同意を得ていること
  6. 猫は完全室内、犬は室内もしくは室内に近い環境で飼うこと(注2)
  7. 去勢・避妊手術をすること
  8. 犬は、狂犬病予防接種・フィラリア予防・年に1回のワクチンをすること
  9. 猫は、年に1回のワクチンをすること
  10. 現在飼われている犬や猫が、去勢・避妊手術済であること(身体的理由により手術が出来ない場合は獣医師の診断書を提出すること)
  11. 健康を意識した良質なフードを与えること
  12. 調子が悪い時は病院に連れて行くこと
  13. 犬・猫が20才になった時の年齢が85歳未満であること(例:子猫を飼えるのは65歳まで)
  14. 満65歳以上の方の場合、もし適正に飼育出来なくなったときに引き継いで飼うことを了承している身内が必ずいること
  15. 不定期に訪問させていただき、お節介を焼くことを、快く受け入れてくれること

(注1)賃貸もしくは集合住宅の場合、ペット可であることが記載されている規約を見せていただくか、大家もしくは管理会社からペットを飼うことを許可する旨の書面に署名・捺印していただきます。

(注2)室内に近い環境とは、雨風がしのげて、冬の寒さ対策、夏の暑さ対策がしてあり、家族を近くに感じることのできる環境です。犬の性格によっては中型犬以上の犬であっても室内飼いでなければ譲渡できない子もいます。

 

正式譲渡の手続きの際に、下記の譲渡誓約書にサインをいただきます。内容をご確認ください。

ダウンロード
譲渡誓約書(猫).pdf
PDFファイル 136.6 KB
ダウンロード
譲渡誓約書(犬).pdf
PDFファイル 142.0 KB

譲渡の流れ

① お見合い&ヒアリング


ほごっこ♡CAFEにて、ほごっこ達と触れ合っていただき、お気に入りの子がいたら声をかけてください。

物言えぬほごっこの代わりに、新しい家や家族たちのことを根掘り葉掘り聞かせていただきます。

ご希望の子と新しい環境が合えば、次のステップに進みます。


② 環境確認&トライアル


ご自宅に訪問し、飼養環境をチェックさせていただきます。問題点があれば一旦お断りさせていただき、問題が解決してから再度お声かけいただくこととなります。

問題がなければ、1週間お試しで飼っていただきます。

お試しにはフード代として1000円いただきます。トイレやケージなど必要な物は各自用意していただきますが、当店から有料で貸し出すこともできます。

レンタル費用:トイレ(砂含む)月額1,000円

       ケージ(犬用・猫用)月額1,000円


③ 正式譲渡


「この子を家族にしよう」と決心されたら、正式譲渡の手続きへと進みます。譲渡誓約書の項目を一つずつしっかりとご確認いただき、ご理解いただいた上でサインをしてください。

譲渡には譲渡費用がかかります。下記の「譲渡費用について」をご参考にしてください。


④ その後のお付き合い

『ほごっこ♡CAFE』は、ほごっこ達の実家です。嫁いでも、実家との縁は切れないのと同じ、正式譲渡になっても『ほごっこ♡CAFE』との縁は切れません。

嫁いだ我が子に会いたくて、お邪魔することもあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

フードや消耗品等、定期的に宅配することも可能ですので、便利に使っていただけたらと思います。

困ったことがあったら、なんなりとご相談ください。

その子の幸せを一緒に見守っていきましょう。



譲渡費用ついて

負担金10,000円+ワクチン代および去勢・避妊手術等の実費

(犬の場合は+狂犬病ワクチン代・登録料)

※ワクチン代および去勢・避妊手術の実費につきましては、『ほごっこ♡CAFE』に入った経緯によって、いただかない子もいます。個々によって違うのでご確認ください。負担金はほごっこ達の保護のため大切に使わせていただきます。ご協力よろしくお願いいたします。